女性リーダーこそがキーパーソン

女性の活用はこれから当然必要だよね、と思われている人事担当の方は多いと思いますが、では、具体的に女性活躍推進はどのような効果をもたらすのか、女性が真に活躍している未来はどのようなものなのか、について考えてみたいと思います。

私は、女性活躍推進の効果は、今後の労働力不足の解消だけとは思っていません。
多様な価値観を持つ人たちの力を引き出すことで、イノベーションを起こし、全ての人が安心して成長できる理想の未来を創る、その第一歩が女性活躍推進なのだと思っています。

出産、育児、介護等、家庭の中でも役割が多い女性は、
“限られた時間の中で、複数のことを並行して行う”
このことを必要に迫られて日々自然に実行しています。

今、盛んに叫ばれている、働き方改革も、女性がこのノウハウを業務の中でも発揮し、周りに伝えて行くということで、より加速して行くことになります。

更に、働き方改革もマネジメント力が非常に重要な成功要因となりますので、女性の管理職が”自分事”として推進して行くということが最も効果的です。

これからの日本を取り巻く状況を考えると、これまでの価値観のまま、旧態依然のやり方では社会は破綻し兼ねません。まさに、今、女性リーダーが全ての社員の働き方や仕事の進め方にイノベーションを起こす起爆剤となると言えます。

これからの人事は女性リーダーとともに、新たな価値観、視点で会社に変革を起こし、次世代に向けた理想的な会社創り、社会創りをして行くことこそが使命なのではないかと考えます。