“働き方改革”に必須「女性活躍推進2.0」

”働き方改革”にも必須の「女性活躍推進2.0」

”働き方改革”にも必須の「女性活躍推進2.0」

働き方改革を進めている企業は非常に多いと思いますが、現場の本音を正確に把握している企業は、まだほとんどないのではないでしょうか。
働き方改革の1つの大きな柱として、“長時間残業の是正”が挙げられていますが、これを導入している企業の社員の生の声はこんな感じです。

  • 会社の方針で残業が出来なくなったから、家に持ち帰ってこっそり仕事している
  • 残業時間は少なくなったが、精神的なプレッシャーが酷く、会社を辞めたいと思っている
  • 仕事の時間が自分の裁量で自由にならないので、余計にストレスを感じる

会社命令で強制的に残業時間を削減したとしても、社員の意識が伴っていないと逆効果になってしまうということが言えます。

私は、この問題を根本から解決する救世主は、「女性活躍推進2.0」だと思っています。

「女性活躍推進2.0」とは?

男性と女性の視点の良いところを融合し、相乗効果でこれまで以上の成果を出すことを実現するもの

女性の意識改革とマネジメント教育を行うことにより、意思決定の場に女性も参画するようになり、女性活躍推進や働き方改革を阻む真の原因を見極めによる根本的な解決を図っていくことを目指しています。

施策は展開しているものの、女性活躍推進、働き方改革がうまく浸透していないと感じている人事担当の方、この「女性活躍推進2.0」を一緒に目指して行きませんか。