女性活躍推進を成功に導くロールモデルとは

”チャック女子”という言葉を聞いたことはありますか?
チャック女子とは、
「外見は女子の着ぐるみを着ているが、背中のチャックを下ろすと中身はおじさん、というオス化女子」
のことを指します。

今、企業の中で幹部としてバリバリ働いている女性リーダーには、このチャック女子が多いと言われています。
このため、この”チャック女子”と言われている女性リーダーをロールモデルとして設定している企業も多いのではないかと思いますが、それを見ている女性社員たちの本音は、
「ああはなれないし、なりたくない」
です。

無理して男性に合わせて働いている姿が、痛々しく感じられ、ロールモデルとしては逆効果になっているのです。
ロールモデルを選抜しているのは、結局男性なので、結果的に男性目線になっていることにより、このようなことが起こっていると思われます。

当の本人も、本音では”チャック女子”になりたいわけでもなく、企業で生き残るために知らず知らずのうちに無理をしてしまっているのが現状です。

まさに、誰も幸せになっていない状況ですよね。

会社のロールモデルを設定する時にも、会社側からの目線だけでなく、当事者である女性社員の目線の両方を入れる必要があるということです。

ただでさえ、まだまだ男性目線になりがちな女性活躍推進。
意識して当事者である女性社員の意見を取り入れることが重要なのではないかと思います。