悩み相談(3)理不尽な上司を懲らしめてやりたい・・!

理不尽な上司は組織につきものです。結論から申し上げますと、いくら懲らしめてやりたい!と思っていても、あいにく、組織構造上、無理なのです・・。なぜなら、直属の上司の、上の上司に訴えたとしても、自分の部下である上司をマネジメントできていないというメッセージに捉えられるから。懲らしめに行ったら返り討ちにあってしまいます・・!

こんな相談を受けたら、まずはじっくり社員の話に耳を傾けます。次に、私の場合はこんなことをお伝えします。

懲らしめたいという気持ち、とてもよく分かります。一方で、私の経験なのですが、自分が担当者から課長の立場になった時に「見える景色がこんなにも違うのか」と衝撃を受けたことをよく覚えています。

組織には様々な事情を抱えており、それぞれの役職ごとに持っている情報の量も質も異なります。大小の理不尽な出来事がどうしても発生してしまうなか、部下から正論を突きつけられても「そうだよね、私もそう思う」とは決して言えない背景があったんだな・・と分かったのです。

だから、上司とうまくいかないからといって、ガツガツ噛み付くのは得策ではありません。もし、管理職を目指しているのであれば、感情的な一面を上司に見せてしまうことで、昇格の土俵にもあげてもらえない可能性があります。上司の理不尽さに憤慨する気持ちは一旦横に置いて、上司と意見が違う、やり方が合わないと思ったら、

「(あなたのやり方はそうなんですね、わかりました。私とは違いますね)」

と心で受け止めて(受け入れなくてOK)、一歩引いた目線で上司を見てみてはいかがでしょうか?

このように伝えた後、社員が「立場によって見える世界が違う」ことに気づくと

「自分はなんてつまらないことに怒っていたんだ」

と怒りの感情から少し離れることができ、さらに「こんなことで感情をゆさぶられている自分が勿体ない」と徐々に楽な気持ちを取り戻すことができるかと思います。