受講者の変化レポート(2)

しなやか女性リーダー™️養成講座、昨日最終日を迎えました!
今日は、男性受講者のSさんの感想を一部ご紹介する形で、講師所感と共に受講者の変化のレポートをお届けしたいと思います。

Sさん(男性:42歳)
現在の役職:課長
企業規模:スクール事業(従業員数1,095名)
業務内容:スクールの経営、オリジナル教材政策、教育機関、企業等における研修受託

受講のきっかけ

今まで管理職研修というものを受講せずに上司という立場になり、自己流のマネジメントスタイルでやってきた。この機会に管理職としてのマネジメント知識を得て、部下育成とリーダーシップに関する成果をあげたいと思って参加した。

受講前の様子

●諦めモード
様々な部署を転々と渡り歩いてき女性部下(Aさん)が、自分の直属の部下として配属されたものの、やはりチームとして仕事が回りづらい状況。最初から諦めていた感じ。

受講中の変化

●騙されたと思って、信じてみた(本人談)
どの部署からもいらないと言われて、さらに自分の直属の上司も匙を投げたAさんだったので、正直、自分の部下として配属が決まった時は「とうとうきたか」と思った。しかし、細木講師から「信じ切るところからがスタート」と言われたので、まずは形からでいい、信じるんだと自分に言い聞かせた。何度もダメかもと思ったが、まずは信じてみよう、と自分に思い込ませて、さらに本人や周囲のメンバーにも「絶対変われると信じている」「絶対にできる」と直接伝え続けた。すると、Aさんが「私は120%で仕事に取り組みます」と周囲へ宣言しはじめて、実際に仕事のパフォーマンスが激変し、他部署からも「Aさん変わったよね」とフィードバックをもらえるまでの変容を遂げてくれた。自分の関わり方次第で人は成長するんだと体感できたのは、ここで教わったマネジメントに関する具体的なツール、メソッド、事例のほか、受講者の皆さんから教えてもらった事例や考えをシェアしてもらったことによるものだったと思う。目に見える成果につながったと感じている。

受講後の様子(講師の所感)

●上司へも影響力を発揮
Sさん直属の上司との面談時、Sさんの部下であるAさんの変貌ぶりを見て「どんな魔法をかけたのですか?」と私は直接質問されました。Sさんの上司は「自分も講座を受けたい」と言っていたことから考えても、Sさんの影響力は部下や同僚、上司までに発揮され、中間管理職の重要性をSさんを通して改めて実感することになった。今後もSさんを中心として、社内への良い影響力が広がっていくと思われる。

●攻撃的な発言がなくなった
Sさんは講座へ通う前、仕事ができない同僚女性への発言がやや攻撃的な面が見受けられた。「全然だめ」「◯◯さん仕事できないんです」「なんとか講座を受けさせてくださいよ」と言う風な発言があったが、Sさん自身が講座を受けたことで、その後一切相手を攻撃するような発言がなくなった。つまり、Sさん自身がしなやかになり、周囲へ影響力を与えて、関わる人たちをより良くしていくという発想に変わってきたのだと考えられる。最近のSさんの悩みといえば、自身がどう対応すれば部下のモチベーションが上がるか?という責任感・当事者意識からくるもので、その悩みの内容からも、90日間の講座中に彼に大きな変化が訪れたことが伝わるのではないかと思う。