【受講者インタビュー(前半)】「採用にも活かせるメソッドでした」

今回は、弊社の管理職研修である「しなやかリーダー塾」を受講された後、管理職に昇格した女性マネージャーのインタビュー(前半)をお届けします。

受講を決めた理由は?

受講前は、一般社員として働いていました。シェアオフィスを運営しており、その管理と運営、契約対応など多岐にわたる仕事内容です。

弊社の規模は、現在社員3名、アルバイト8名という小さな会社です。

3ヶ月前に講座へ参加した当時は、組織として大きく成長し始めたタイミングだったせいか、仕事量が一気に増えて、メンバー同士がうまく連携しづらい環境だったと思います。

そんな大変な時期に、社長から管理職研修を受けないか、と打診がありました。

その講師が細木さんだと知って、その場で講座受講を決めました。

というのも、細木さんと出会ってからというもの、細木さんの会社の組織体制や社員さんとの関係性に憧れを持っていたからです。
あんな関係性を弊社でも構築できれば会社も成長するし、管理職としての考え方やスキルを身につけることは、自分にとって大きなチャンス。

受けると決めた後からも、受ける理由がどんどん出てきたので、絶対に有意義な価値ある研修になるという確信だけはありました。

受講タイミングは?

会社が一気に規模拡大を図ったタイミングでもあったので、会社としても管理職を配備して体制を立て直していきたい、という課題がありました。

私自身も、管理職としてのスキルやマインドを学びたいという希望があったものの、あまりの忙しさで、自ら学ぼうと思う余裕すらなかったと思います。

そんな折の社長からの管理職研修受講の打診があった時には本当に嬉しかったです。

会社にとっても自分にとっても最高のタイミングでした。

周囲が自分の変化に気づいた

研修に参加してからすぐ管理職になりましたが、すでに3ヶ月間の研修中から、同僚やアルバイトのみんなから

「変わりましたね」
「いつも気にかけてくれてありがとうございます」
「これからもあなたのために頑張ります」

という声をかけてもらえるようになりました。

このように、私の仕事に対する姿勢から生まれたフィードバックをあちらこちらで聞こえるようになったこと自体が、ものすごい変化だと思いますし、

弊社社長も研修派遣してよかった、と思ってもらえている1つの成果だと感じています。

実は、私は自分の変化に気づいていなかったのですが、むしろ気づかないうちに周囲へ影響力を発揮していたということが、最高の結果だったと思っています。

採用にも活かせるメソッド

研修中に教えてもらったメソッドの中でももっとも活用したのがWin-win調整シートです。

アルバイトとの面談の際はもちろん、新規アルバイト採用時もこのシートを使って相手のビジョンや思いを丁寧にヒアリングした上で自社のどの部門へ配置したらいいか、深く慎重に考えて調整できるようになりました。

おかげさまで、その後、私が採用した6名は活き活き仕事に取り組んでくれていますし、

私も少し時間があればこまめに声かけや5分面談を実施して、みんなのモチベーションを維持することに意識を向けることが自然にできるようになっています。

最近は、シェアオフィスのお客様からもアルバイトに対して直接お褒めの言葉をいただくようになり、それを私がまた褒めて、アルバイトが更に自律的に仕事へ取り組んでもらえるという、良いスパイラルが生まれていると実感しています。

<次回のインタビュー(後半)内容>
・社長から信頼されている実感
・個別相談がもたらす成果
・同期メンバーとの連携から生まれた仕組み
・1クールで完結するメリット