成果を出す秘訣〜継続フォローの仕組み

しなやかリーダー塾が提供している、3か月で会社を成長させる女性管理職を育てる塾「しなやか女性リーダー養成講座」の継続フォロー“しなやかリーダー実践会”を行いました!

塾を卒業してからの継続フォロー体制

「しなやか女性リーダー養成講座」へ通っている90日間は、仲間と切磋琢磨して行動と実践を繰り返していけるのですが、いざ講座を卒業して、職場で新たな悩みや壁にぶつかると、時に行動スピードが減速してしまうこともあるかもしれません。

その時、モチベーションを保ちながら行動し続けるために、定期的に卒業生同士で相互支援する機会を設けることで、継続的なフォロー体制を築き、いつでも相談できるコミュニティの場を醸成することで、卒業生たちが安心して行動し続けることをサポートできると考えています。

受講生の声と、その後の様子

フォロー体制を強化するという意味でも実施した「しなやかリーダー実践会」ですが、実際に卒業生からは、

「こういう場があることで、安心してチャレンジ出来る」
「卒業後もモチベーションを維持できる仕組みは本当にありがたい」

と喜びの声をいただいています。

「しなやか女性リーダー養成講座」の卒業生は、全員が成果を出したことは成果報告動画をみていただければ一目瞭然ですが、この日お会いした皆さんも、さらにレベルアップし、更なる課題にチャレンジしていました。

また、仕事での連携の話も出て来ていて、まさにしなやかリーダーがその影響力の輪を広げ、全ての人が安心して成長出来る社会の第一歩を踏み出すことが出来たようで、とても嬉しく思いました。

行動量と成果は比例する

卒業生の全員が継続的に成果を出し続けている要因は何だったのか?について考えてみますと、私が最も重要だと感じていることは、
行動する
この一言に尽きるのかなと思います。

【行動量と成果は比例する】ということは、私がこれまで人材育成に携わり、そして自身の経験から体感として確信していることです。

仮説→実行→検証といったPDCAを出来るだけ高速に回して行くー。これが確実に成果につながる唯一の近道だと思います。

メンターの力を活用する

行動を続けて行くと、「これでいいのだろうか?」と悩むこともたくさんあります。
そのときに必要なのが、メンターの存在です。

メンターは、今まさに自分がぶつかっている悩みと同じ悩みを経験し、乗り越えてきた人生の先輩がいいでしょう。
よく「メンターは一人でいいですか」という質問をいただきますが、無理に1人に絞る必要はなく、先輩がいなければ、同じ立場の人にメンターになってもらうのもおすすめです。複数の人たちの力を活用していくことで、バランスの取れた判断ができるようになると考えています。

しなやかリーダー塾の仕組みとは

しなやかリーダー塾で提供している全てのプログラムは、継続的に確実に成果を出して行くための仕組みを提供することによって、組織の中のリーダー的な立場である人たちが、その影響力を最大化して会社を成長に導いていくことを全力サポートしています。
この仕組みの詳細は「上司にも部下にも信頼されチーム成果を上げる女性管理職の育て方セミナー」にてご案内しておりますので、以下の画像から詳細ページをご覧いただければと思います。