中間管理職は、経営と現場を繋ぐ「連結ピン」

NTT時代、あるマネジメント研修を受けた時のことです。

「管理職とは、どういう人でしょうか?」

研修冒頭、こんな問いかけを私たちにしたのです。

「管理職は、管理をする人」と思っていた当時の私にとって、講師の回答は衝撃的でした。

その回答は、「管理職は、変化を与える人です」という一言。

私は、それまでの管理職としてのあり方をよく把握していなかったことを痛感したのでした。

管理職は実務をしない

管理職は実務をする人ではないことは理解していました。しかし、頭では理解していても、具体的にどのような行動をするかというところまでは腹落ちしていなかった、ということを、講師のその一言で気づきました。

実務をしている時間がない!

管理職は、全体的な視野を持ちながら、チームが貢献した会社の事業に対して、さらに利益を上げるためどのような工夫が出来るか?ということを考え、メンバーを引っ張っていく人です。たとえ今が良くても、現状に甘んじず改善し続けなければなりません。

そのためには、常に全体視点で仕事を見ていないと分からないですし、何より自分自身に余裕がないとそういうことを考えられないものです。マネジメントの勉強、知識のインプットも重要・・・となると、実務をやっている時間はとてもないのです。

「チームで一番仕事ができる人」である必要はない

リーダーや管理職になると、「一番仕事ができる人」「実務ができるからリーダーなのだ」と思う人が多いように感じています。

しかし、それはハッキリ言って「間違い」ということは、これまでのお話でご理解いただけたかと思います。

チームのみなさんが、パフォーマンスを上げて、成果を最大限あげられるよう、管理職である自分が全体視点をもって関わっていくことが与えられた役割です。それが、会社の成長をもたらす、会社に貢献できるチーム作りにつながっていくことを考えると、管理職は組織の中のキーパーソンであることにお気づきになるかもしれません。

経営と現場を繋ぐ「連結ピン」

中間管理職は、まさに実務と経営層との“架け橋”という立場です。
これは「連結ピン」と言われるもので、実務を行う担当者と、会社の方向性を決める経営者とを繋ぐ重要な立ち位置であるということを指しています。無論、連結ピンがその役割を果たさないと、現場と経営の動きがバラバラになって、成果に結びつくことは叶いません

だからこそ、連結ピンという重要な役割を担う中間管理職の意識・行動・あり方は、最終的には会社成長を左右するという最大のポイントとなるのです。

仕事が辛い中間管理職の方へ

私は、マネジメント研修の冒頭に、講師からのたった一言に衝撃を受け、翌日から「変化を与える人」となるべく、意識も行動も変えようと実行に移しました。手元にある部下に渡せる仕事は全て振り分け、第3者的な立場となり、「視点」と「視座」を上げて自分がやるべき業務をしっかり見つめて行動しようという気持ちが芽生えたのです。

この記事を読んでおられる中間管理職の皆様の中には、中間管理職の仕事は辛いと思っているかたも多いと思います。

今すぐに自分はキーパーソンだ!と思うのは難しい方もおられるかもしれませんが、ご自身が会社の中で重要な重要な役割を担っていると意識していただき、ご自身の強みを発揮しながら、楽しく生き生きと会社の成長に向かってお仕事を進めていただきたいと思っています。

しなやかマネジメント法の基本的な土台は、このあり方です。これを多くの特にリーダー的立場の人たちに伝えることで、
全ての人たちが安心して成長出来る未来を創りたいと本気で思っています。