私が【しなやかリーダー塾】を立ち上げた理由

部下は上司以上に幸せになれない。これは、私がこれまでマネジメントに携わった経験、そして多くのサポートさせていただいた企業の状況を見ていて実感していることです。

部下は上司以上に幸せになれない

上司がモチベーション高く仕事をしていないことは、部下にダイレクトに伝わってしまうものです。結果、部下のパフォーマンスは劇的に落ちてしまいます。そうなったら最後、チームの成果は全く上がりません。

私が管理職として失敗した背景

私は管理職になりたての頃、自分の立場や周りからの見られ方が良く理解出来ておらず、今から考えると自分のことしか考えずに行動していたように思います。

その結果、マネジメントの仕事は
●辛いだけ
●面白くない
●自分には向いていない
そんなことばかり考えていました。

上司・部下・お客様・・全ての信頼を失っていく

そのことが部下や周りの人たちにどういう影響を与えるかなど、当時の私は考える余地は皆無でした。
案の定、チームの成果は上がらないどころか下がる一方、部下からの信頼は得られず、仕事が進まないためお客様や上司からは毎日のように怒られ、信頼を失っていきました。

そこまで追い詰められた状態になっても、自分の振る舞いが悪いことに気づかず

「この辛さがマネージャーなのだ」

と自分を無理に納得させようとしていました。今振り返ると、とにかく毎日ギリギリの状態で出社し、憂鬱さと戦い、メンタルダウン寸前まで追い込まれていたのだと思います。

先輩の一言に救われる

そんな時、先輩社員のある一言がきっかけで、自分の言動を振り返ることが出来ました。それは、

「もっと部下や周りを信頼してみたらどうかな。もっと周りに助けを求めて、一緒に方針を考えればいいんだよ。」

という言葉でした。

自分らしいリーダーシップ

当時の私は、

リーダーとは、チームの全てのことを的確に指示して部下を動かす人。常に正しい答えを導き出す責任がある

と思っていたため、先輩の言葉を聞いて、

「周囲へ助けを求めたりして、リーダーとしての役目を果たせるのか!」

意表を突かれつつも、目の前の靄が少しずつ晴れていくような気がしました。

今の時代に求められるリーダー像

画一的で手順がきっちりと決まっている業務を行う場合は、指示型のリーダーシップスタイルが有効な場合もあるでしょう。しかしながら、今の時代は、変化が激しく、業務も複雑化し、更にイノベーションを起こすことが求められています。

こういった状況の中では、指示型のリーダーシップスタイルには限界があると言わざるを得ません。個々のチームメンバーの力を最大化させ、全員で方向性を決めていくことが最も効果的な進め方だと考えます。つまり、支援型、参加型のリーダーシップスタイルが今の時代にはマッチしているということではないかと思います。

私らしさを活かす

先輩の言葉をきっかけに、私は自分のリーダーシップスタイルを見直しました。

まず最初にチームメンバーの方に頭を下げてこれまでの対応について謝りました。その上で、現在のチームの状況を共有し、どうにかしてこの状況を打開する策を一緒に考えて欲しい、力を貸して欲しいと話をしました。この言葉をきっかけに徐々に部下との信頼関係が出来てきました。

そして、数ヶ月後、メンバーから言われた言葉は、
「あなたがいてくれて良かった。あなたのために頑張ります。」
でした。それと同時に、チームの成果はぐっと上がり、上司やお客様との信頼関係も回復してきました。

私は初めて、マネジメントという仕事に、大きな感動とやりがいを見出したのです。

管理職はやりがいのある仕事!

この経験から私は、管理職という仕事は組織の中で最も重要な仕事で大きなやりがいのある仕事だと心から思いました。そして、この感動とやりがいを、過去の私のように悩んでいる管理職の皆さんにお伝えしサポートができればと考えるようになりました。

その後、中小企業診断士となって、様々な企業サポートを行いながら、「管理職が変わることで、組織全体が劇的に良くなる」ということを目の当たりにする度に、

全ての働く人たちが安心して成長できる未来を創ることが、社会貢献になるのではないか?

と考えるようになり、会社設立し、【しなやかリーダー塾】を立ち上げました。

女性が安心してマネジメントに取り組めるサポート機関

このしなやかリーダー塾は、かつての管理職の仕事が辛かった自分が

「こんなサービスがあれば良かった」

と思えるものを全て詰め込んでいます。

実際に、私が経験してきた「失敗」「その立ち直り方」「成果につなげた具体的な方法」をすべてまとめて体系化した「しなやかマネジメント法」を、受講者のみなさんが実践し、100%成果を出している様子を伺っていると、本当に役立つサポートを届けられつつあるなと、喜びと手応えを感じている今日この頃です。

人を育成する立場にある人で、ご興味がありましたら、しなやかリーダー塾の取り組みを「女性管理職の育て方」としてまとめたセミナーを開催しておりますので、ぜひ足を運んでいただければと思います。