女性活躍推進の表と裏〜その実態とは

えるぼし認定を受けたにも関わらず、当の女性社員は他人事でして・・」

今日の相談者であるとある中小企業の女性管理職の方が、こんな風におっしゃっていました。

さらに、しなやか女性リーダー養成講座の受講者から「女性活躍推進の一環で導入されていた制度がなくなってしまいました!私はどうすればいいのでしょうか?」という相談も飛び込んできました。

「ハード面(制度など)を整えたとしても、ソフト面(女性社員の意識)が追いついていないと、制度は活用されず形骸化する」

と私が懸念し警鐘を鳴らしてきたことに対して、同じように危機感を抱きながら、現場でその実態を是正しようとする人事担当者、ダイバーシティ推進室長の方が確かに存在している一方で、会社側の理解が得られなくて対応に悩む現状がそこにあり、苦しんでいるのも事実です。

女性活躍推進の3本柱

えるぼしを取得することも、テレワークなどの制度を導入することも、簡単ではありません。様々な難題を乗り越えてたどり着いたに違いなく、本当に素晴らしい取り組みだと思います。とはいえ、ハード面だけを整えたとしても、それを実態に合わせて活用する力がなければ、組織はそれまでと全く変わらず、むしろ逆効果になってしまう可能性もあるのです。

だからこそ、弊社が一般公開している女性管理職の育成セミナーの中で、「女性活躍推進の3本柱が整合性を持って同時進行していることが重要」だとお伝えし続けているのです。

危機感を持った管理職がたった1人いれば、組織は変わる

女性管理職育成の専門として活動しているため、毎日のように、職場に対して強い危機感を持っている会社員の方の相談に乗っています。

「社長は女性活躍推進と言ってお気に入りの女性社員を昇格させてしまい、現場の不満と会社の方針の間で苦しい立場です・・」
「テレワーク制度を活用しきれなかったのは、結局マネジメント層に課題があると考えています」
「えるぼし獲得でさらなる野望を語る社長と、それをしらけた感じで見る女性社員・・この隔たりを改善するためにどこから始めたらいいでしょうか?」

私はこのような相談に対して、その人の立場、所属会社の経営方針など、公開されている情報など確認しながら分析し、具体的なアドバイスを行なっています。
こういった高い視点で会社全体を見れる社員がひとり存在すれば、その人を起点にしてソフト面の強化が実現され、実態の伴った女性活躍推進が実現し、その結果会社成長に繋がっていくのです。

そのために、私は「しなやか女性リーダー養成講座」をただの管理職研修だけではなく、個別コンサルティングという側面を取り入れています。人材育成担当者や、ダイバーシティ推進室担当の立場から、現場に何を発信し、会社とどう折り合いをつけていくのかを、状況に合わせて細かくアドバイスすることが、必ず成果にたどり着くと分かっているからです。

しなやかリーダー塾を立ち上げた理由

私がしなやかリーダー塾を立ち上げたのは、女性管理職の能力開発だけではなく、ダイバーシティをより意識したマネジメント力を身につけ、これまで以上の成果を出し、会社全体を牽引できる人材を育成することが、より良い日本社会を作る礎になると考えているからです。

私自身が、人事担当から管理職の立場になった時に、組織の中の立場、組織の進め方との狭間で、女性活躍推進をどう進めればいいか、会社側にも必要性をわかってもらえるのだろうか、と悩んでいました。

ちょっとしたことを相談できたり、アドバイスをもらえる相手がいたらどんなにいいだろう、と当時の私が欲しかったサービスを、今、しなやか女性リーダー養成講座を通して提供し、私の実体験からお伝えするアドバイスが成果につながる様子を見て、手応えを感じています。

女性活躍推進という名の下で、ハード面を整えてえるぼしに認定されても、実は全女性社員は興ざめしていました、という会社が発展できるとは思えません。

「うちは経営者の理解がないから・・・」

そんな環境下だったとしても、女性活躍推進を本気で考え、危機感を持っている方であれば、必ずお役に立てると思います。

女性活躍推進の3本柱を整合性を持って進めていける人を、1人でも多く創出していくことが、結果として企業成長を促し、日本経済を大きく発展させる起爆剤になると考え、そのキーパーソンを育成するのが私の使命であると捉え、今後も活動を続けていきたいと思っています。