「できません」と仕事を断り続ける部下が1ヶ月で「お手伝いしましょうか?」に変わるまで

私が提供するリーダー育成コンテンツ「しなやかリーダー塾」のプロジェクトをコンサル先でスタートしたのは約1ヶ月前のことでした。先日、2回目の訪問で、ある女性リーダーの方から成果報告をいただきました!

経営層&リーダー層の育成プロジェクト

今回導入しているプロジェクトは、

  • 経営層プロジェクト
  • リーダー層プロジェクト

この2つのプロジェクトを同時進行させるプログラムを組みました。

1ヶ月で成果を出してくれたのは、リーダー層プロジェクトの女性メンバーです。初回、リーダー層プロジェクトでお伝えしたことは、大きく分けて以下の3つでした。

  1. リーダーの存在意義
  2. 会社の存在意義
  3. リーダーシップの取り方

女性メンバーの方には、女性のためのリーダーシップについてお伝えし、そのまま実行に移して成果につなげてくれました。

「できません」から「手伝いましょうか?」へ

女性メンバーは部下の対応に手を焼いていました。仕事を振ろうとすると、決まって

「できません」「わかりません」「嫌です」

と断られてしまい、結局リーダーである女性メンバーが断られた業務の対応に追われてしまう・・・という悪循環が長期間にわたって続いていたそうです。

リーダー層プロジェクト(全10回)の1回目で私がお伝えしたリーダーシップの取り方を学んだ彼女は、

「本当にこれで上手くいくのでしょうか?」

と疑問点をその場で事細かに質問してくださり、後日個別で相談を持ちかけられ、私は

「こうやって答えてみてください」「こんな対応をしてみましょうか」

と、なるべく具体的にその対応方法について指導しました。

その後どうなったかな・・と思いながら2回目の訪問日を迎え、現地に到着すると一番に出迎えてくれた彼女の口から、

「細木さん!あの部下が、積極的に 仕事を手伝ってくれるようになりました!」

と今まで見たことのない晴れやかな笑顔で報告してくれたのです。

あの手を焼いていた部下がどうなったかというと、今では「やります」という前向きな言葉を発するようになり、先日に至っては『お忙しそうなので、何か手伝いましょうか?』と女性リーダーに声をかけてくれたとのこと・・!

私もその報告を聞いて、女性リーダーと一緒に抱き合って喜んだことは言うまでもありません。

ダイバーシティインクルージョンの視点で関わる

女性リーダーは、部下に仕事を任せられるようになって仕事全体が見渡せるようになり、業務効率化に取り組む余裕が生まれ、またそのモチベーションが上がったと言っていました。

私がリーダーシップなどの研修で指導をした以外で対応したことは、彼女が何度となく、これでいいのだろうか、大丈夫なのか、と不安に陥って自信を無くしかけていたところを「大丈夫、間違っていない、このまま行きましょう」と支え続けたことです。

私は、この女性リーダーが所属する企業のコンサルタントとして関わっていますが、スタンスとしては、現役の管理職時代のあり方そのままです。それは、

部下の力を最大限に引き出す

ということ。

ダイバーシティインクルージョンの視点でより皆さんが成果を出すためにコミットメントして進めるということ、この1点に集中しています。

私のこの関わり方とあり方を持って対応した結果、たった1ヶ月という短期間のうちに、この女性リーダーは自分の部下との間に信頼関係という全てのベースを築き上げることを達成してくれたのです。

女性の自己肯定感の低さを見逃さないで

今回、たった1ヶ月という短期間で効果が出た最大の理由の一つが、
・PDCAを回し続けた
ということだと私は考えています。

もちろん、他のメンバーにおいても学びを現場で実践していましたが、今回メルマガで登場した女性メンバーは

「最も多く個別相談をしていた」

という点で他者と圧倒的な差をつけていました。

良い学びやメソッドを得る場面は日常に溢れていますし、もし研修やセミナー、講演といった機会があれば意欲的に実践し、成果につなげようと思うのではないでしょうか。

しかし、なかなか成果につながらないのは、現場で試そうと思ってはみたものの、現場の実態に即した形でないと思うように実践できないとか、どんなきっかけで、どんな声かけをすればいいのか具体的なところが分からないからだと私は考えています。

特に女性は自己肯定感が低い傾向が強いので、いざとなると「大丈夫かな」「本当にこれでいいのかな」と自信を失い、実行に移すことに二の足を踏んでしまいがちです。

だからこそ、私は「悩んだり、不安になったり、困ったことがあったらいつでも連絡してください」と関わる一人一人に伝えています。

実際メールや電話で相談してくれたら、すぐに回答し、励まし、大丈夫だよ、一緒に頑張ろうと声をかけるのです。

今の行動を認め、自信をつけさせながら育成することが、人材育成において重要である-。

このことを、今回の女性リーダーが出してくれた成果によって、また一つ自信を持って伝えられることを私はとても嬉しく思っています。

女性リーダー育成の発想法とメカニズムを12月よりセミナー公開

今回ご紹介したリーダー育成プロジェクトの取り組みと、現場の実態に基づき短期間で真の成果を上げる女性リーダー育成の発想法とメカニズムをお伝えしている
「女性活躍推進2.0セミナー」
を12月よりリニューアルいたします。
最新の事例やプロジェクトの進め方のほか、参加者の課題や悩みを解決するための質問会を時間の許す限り実施する2時間セミナーです。
本日、来年1月開催日程を公開いたしましたのでご興味がありましたら是非ご参加くださいませ。

2020年1月定期開催セミナー(毎回2社限定)
女性活躍推進2.0セミナー(人事担当者無料)
 1月6日(月)15:30~17:30
 1月7日(火)15:30~17:30
 1月10日(金)15:30~17:30

ナーお申し込みは「日本の人事部」より受付中(画像をクリックするとセミナー一覧ページへ遷移します)