日本が世界に取り残されないために、企業が向き合うべき人事施策

師走になり、慌ただしく感じている方も多いのではないでしょうか。

私は先週から続いている大手企業様での講演・セミナーの連続実施の山をひとつ終えて、次の登壇に向けた準備に取り掛かっているところです。

目の前のことに忙殺されそうになりがちな今時期だからこそ、なぜ私は26年間勤めた大企業から飛び出して、自らの手で社会貢献していこうと思ったのかと、初心に戻って決意を新たにしています。

企業成長を阻む表面的な取り組み

女性活躍推進法が2016年4月に施行されて3年以上経過していますが、真の意味で女性活躍推進が進んでいるかというと、まだまだこれから、私個人としては「始まってすらいない」と感じています。

世の中を見渡せば、

「次は働き方改革」
「SDGsだろう」

そんな気運が高まっていることは無論感じているところで、それ自体は素晴らしい考え方です。

一方で、現場の実態を把握しきれずに

「働き方改革だから、残業ゼロにしよう」

と制度などハード面の整備にばかり目がいって、そこで働く人の気持ちや理解促進といったソフト面が置き去りにされてしまえば、結局残業ゼロになったけど家に持ち帰って仕事をするといった、形骸化した仕組みが残って、会社成長をもたらす改革には繋がりづらくなってしまいます。

女性活躍推進においても、同様のことが起きていると私は今現在も危惧しています。

女性管理職数を増やした結果、マネジメントに苦悩する女性たちが後を絶たず、働きやすいようにと時短制度を取り入れたものの、利用者は周囲からの見られ方に悩み、仕事内容も制限がかけられ不本意な状況に涙する人が今尚存在することを、このままにしていいとは私には思えませんでした。

ひとりひとりの力を100%引き出して、多様な視点を融合させることで生まれる
新たな技術や気づきが企業成長の源となり、企業価値の礎となる
以上、中身を伴わないうわべだけの施策は、企業破綻を招きかねないと思うのです。

影響力のある女性リーダー創出がこれからの企業に不可欠である理由

現在は第4次産業革命と言われ、ただでさえ変化の激しい時代であり、この中で日本自体が生き残りを図るためには従来の思考から一刻も早く転換しなければあっという間に取り残されてしまいます。

変化に柔軟に対応し、進化し続けるための原動力こそがダイバーシティ(多様性)であり、ダイバーシティがイノベーションを起こすことにつながる

と私は考えています。

その第一歩が、女性活躍推進です。

日本社会は男性社会が色濃く残っており、その中で働く女性はある意味マイノリティです。女性活躍推進ができなければ、ダイバーシティが達成できない、つまりはイノベーションも起こらない、ひいては変化について行けない日本になってしまうと思うと、真の女性活躍推進の実現は、待った無しの状況ではないでしょうか。

大企業で26年間勤め、男性が多い職場で女性管理職としてチームの成果を出しながら自己実現することを諦めず、部下育成に取り組んできた10年間は、試行錯誤の連続でした。

数えきれない失敗から学びを得て、私がたどり着いた答えが、【マネジメントにおいては、女性は男性とは違った「コツ」が必要】ということであり、それに気づくだけで働く女性たちがどれだけ楽に安心して成果を出していけるかを1人でも多くの人に知ってもらいたい、役立ててほしい、その想いの高まりが今の私を形作っているのです。

実態からあぶり出す!現場の本音を活かして成果につながる施策へ

真の女性活躍推進を実現するため、本当に必要な施策は何か、その考える切り口はどこなのかと考えるために集めたものが

「女性活躍推進に関する本音の意見」

であり、それが当社・株式会社リノパートナーズが手がける

【女性活躍推進2.0実態調査】

という取り組みでした。

この取り組みを国・政府の施策や、企業の人事担当者に広く共有することが、真の女性活躍推進を日本で実現する一助となると確信して、女性活躍推進2.0運動の呼びかけを続けています。

当社としても、女性活躍推進2.0実態調査を通して得られた働く現場の生の声を、講演・研修・セミナー等に活かすことで、よりお役に立てるコンテンツを提供し、真に求められるサポートを届け続けたいと思っています。

特に、女性は男性と比べて自己肯定感が低い傾向にあり、女性活躍推進2.0実態調査でもその傾向は明白な結果として現れています。

自分でも気づかないうちに、自分の強みを活かすことをためらったり、つい周囲の人に意見を合わせてしまったり、チャンスが訪れてもチャレンジすることに二の足を踏んでしまくことが少なくありません。

自分の良いところをどうやって引き出し、男性社会の中を渡り歩きながら、うまく自己PRして周囲を巻き込み推進力を発揮するやり方も正直わからない、気づくきっかけも得られていないのが現状です。

私が実際に大企業の中で実体験した成功事例を元にしたノウハウやメソッドをお伝えすることで、一人一人が活躍できるというような世の中になれば、イノベーションがあちらこちらで起こり、日本社会が発展すると思い、そんな未来を創る道を拓くことで社会貢献していきたいという想いを持って立ち上がったことを、今改めて思い直し、意識高くあり続けようと思っています。

100%成果にコミットする

私も女性である以上、強い想いを持って活動しているものの時折どうしようもなく不安に駆られる時があります。

(更年期も関係あるかもしれません・・)

そんな時、私にパワーを与えてくれるのが、クライアントが出す成果報告です。

以前よりも現状が良い方向に進んでいることを聞けば、少しでも役に立ってよかったと心底嬉しくなります。

これからも、価値を感じてくださる企業様との出会いを通して成果にコミットメントし続けることでお役に立てればと思います。

そのために、当社の事業を広く知ってもらうための活動も重要です!今月は新たな弊社の取り組みもリリースする予定ですので公開決定次第、こちらでご報告できればと思っております!