上司とうまくやるコツ(3)

気持ちを伝える

パワハラ気味の上司とうまくやるコツのステップ3は 「気持ちを伝える」です。

ステップ1、ステップ2でベースが出来ましたので、いよいよ最終段階です。
上司に思っていることを伝えます。 具体的には、メールでも構いませんので、以下の3点について伝えます。

  • 過去に言われたことで傷ついたり、ショックだったりしたこと
  • それを言われて自分はどんな気持ちがしたか
  • 今後はそのような言動はやめて欲しいということ

ステップ2までで、パワハラが緩和されてくる可能性が高いのですが、 上司は、自分がパワハラ言動をしていると気がつかないこともよくあることです。

上司のためにも気づいてもらい、再発防止のためにも 思っていることを伝えることは意味があります。

ここで、1つだけ注意事項があります。
ステップ1、2と踏んだことで、だいぶ状況を冷静に落ち着いて見られるように なったとは思いますが、

「決して感情的にならないこと」

です。 感情的になった瞬間に相手は聞き入れてくれなくなってしまいます。 腹が立つ気持ちはもちろんあるとは思いますが、そこはぐっと堪えましょう。

冷静に、 「このようなことを続けているとあなたが損をしてしまうので、もったいないですよ。」 という気持ちで接していけば、相手も受け入れやすくなってきます。

この3ステップは、無理なく出来、効果も高いので、 是非やってみてくださいね。

とは言え、皆さんそれぞれにとって詳細の事情も異なると思いますので、 メールにて個別相談を受け付けています。 お悩みの方はお気軽にメールでご連絡ください!