プロジェクト導入事例

任意の最終課題を、全70名の受講者が100%課題に取り組み、成果を出した!(大手IT系会社)

主任クラスの技術系女性社員向けのリーダー育成プログラムを導入。女性社員のみを対象にしたことに対して疑問の声も上がったけれど・・・

社員数1,400名を超える通建会社において、管理職一歩手前の技術系女性社員向け「次世代女性リーダー育成プログラム」を5ヶ月間実施しました。「女性だけでなく男性にも参加するような取り組みが必要なのでは?」という女性社員からの意見もありつつ、男性管理職比率が9割を超える職場では女性管理職になるという意欲が湧きづらい雰囲気を何とかしたい、という課題感がありました。そこで、女性管理職に対する良いイメージを持ってもらうための取り組みとして立ち上げたのが本プログラムです。

導入の目的
  • 企業が求めるリーダー像を知り、リーダーに求められる具体的な行動について理解を促す
  • 次世代リーダーとしてのスキルアップおよびマインドの醸成を図る
  • 大企業の女性SE管理職を経験した講師から、リアルな経験談と共に管理職の役割とやりがいについてレクチャーを受けることで、管理職に対する良いイメージを持ってもらう
導入のポイント
  • 技術系の女性管理職経験者で、自社の女性社員が置かれた環境をよく理解し共感できる講師だった
  • 男性が多い職場で女性が自分らしくリーダーシップを発揮する具体的なスキルを教えてもらえる
  • 受講者全員の課題添削や個別相談など、きめ細やかなフォローアップ
導入内容
導入による成果
  • リーダーシップには人それぞれの個性を生かした多様なスタイルがあるという認識が芽生えた
  • 女性が管理職として求められていることを理解し、チャレンジする意欲が持てるようになった
  • ワーキンググループの活動を通して女性社員同士の横のつながりができ、研修で学んだコンセプチュアルスキルの実践・強化の場として継続的な活動に発展した

研修導入事例

女性社員による自立的な業務改善プロジェクトが立ち上がって、業務効率化によるコスト削減を実現(電子機器製造販売業)

長年「営業事務=フォロー」という補助的な役割を担わせてしまった女性社員へ、新たな活躍ステージがあるというメッセージを伝えたい

創業70年以上の歴史ある技術系企業において、営業事務女性社員75名を対象に「女性社員ステップアップ研修(1日)」を実施しました。技術系会社のため、男性社員比率が高く、女性は事務員としてサブ的役割となっており、女性活躍推進の取り組みをきっかけに、全社員ひとりひとりが活躍することで更なる事業拡大を目指したいと考え、研修導入に至りました。

導入の目的
  • 会社が女性社員に対して求めているあるべき姿を理解し、女性社員一人一人の働きが会社成長に直結するという意識の醸成
  • 生産性向上に取り組むための具体的な手法やプロセスを学び、基本的なビジネススキルを向上することによって自主的な業務改善に取り組めるよう促す
導入のポイント
  • 事前セミナーを受講し、講師の考え方や経験、目指す姿が会社風土にマッチしていると判断できた
  • 研修導入前の実態調査アンケート結果に基づく、現場の課題に即した高品質なコンテンツ
  • 継続的な女性活躍推進のための的確な人材育成コンサルティング
導入内容
導入による成果
  • 会社から求められていることを理解し、自らの強みを活かして、会社の成長に貢献する意識が醸成
  • 女性の特性を強みに変えながら、最大の成果を出していくためのビジネススキルを習得し業務に活用できるようになった
  • 女性社員による自立的な業務改善プロジェクトが立ち上がり、業務効率化によるコスト削減、生産性向上を実現する制度整備が進んだ

公開講座

女性活躍推進担当となって途方にくれていた時、しなやか女性リーダー養成講座に出会った(エンジニアリング会社)

あきらめかけていた制度導入実現まで、あともう一歩!

ものづくりを得意とする技術系企業(社員1,000人規模)において、人事部で主に採用を担当していた女性社員が、ある日「女性活躍推進担当」として新たに任命されます。子どもを育てながら働く女性として、職場の女性たちがより働きやすい環境を得られたらという思いはありましたが、一体どこから着手して、どのように女性活躍推進を進めていけばいいのか分からず、モチベーションが下がりかけたところに、技術系企業向けの女性活躍推進に関する情報セミナー「女性活躍推進2.0セミナー」に出会い、「しなやか女性リーダー養成講座」という公開講座の存在を知りました。

公開講座の参加目的
  • 新部署に異動し、女性活躍推進担当になったが、何から始めればいいか分からなかった
  • 業務への意義ややりがいを見出せず、もどかしい状況から何とか抜け出したかった
  • 自分に課せられた女性活躍推進を実行に移すための具体的な手法やスキルを身につけることで、少しでも自信をつけたかった
講座で学んだこと・気づき
  • 経営的な視点を持って業務を進めることができるようになった
  • 自分のあり方を定めたことで、気持ちが落ちた時も前向きに今できることを考えられるようになった
  • ビジョン・目標を設定したことで、これから自分が会社を良くしていくのだという前向きな気持ちになることができた
  • Win-Win調整法を学んだことで、相手の立場でものを考えることが出来るようになり、主張するだけでは通るものも通らなくなることに気づいた
  • 奇跡の面談術を学んでから臨んだ実際の面談で、驚くほど相手から本音をが喋ってくれるようになり短時間で信頼関係を醸成することが出来るようになった
講師の印象・評価
  • 先生のパワフルさ、前向きな姿勢・言動、細やかな気遣い、しなやかさ、どれもが本当に素晴らしく、いつも元気をもらえた
  • 同じく男性比率の高い技術系会社で管理職経験、人事・育成経験のある先生の経験に基づくお話が非常に参考になり勇気をもらった
  • 自分も自分らしいやり方で、先生のように周囲の人を元気づけられる人になりたいと思った
現状での得られた成果や変化
  • 当社の女性活躍推進については、これまで行動計画の公開のみであったが、ダイバーシティ推進講演会・女性社員向けセミナーの実施、女性活躍推進プロジェクトの立ち上げ決定を実現した
  • これまで導入が反対されていた旧姓使用制度について、経営層が納得する提案書を作成し、関係各署への調整を行なった上で、経営会議の付議までこぎつけた
受講を考えている方へ
女性活躍推進担当/H.N様

しっかり課題に取り掛かっていれば、ちゃんと成果が出ます。やり方・考え方を教えてくれるので、確実に業務にいい影響があります。遠慮せず、どんどん個別相談を依頼しましょう!どう聞けばいいかを悩むより、モヤモヤした状態でもいいから先生に話すことでだんだんクリアになっていき、形になっていきます。たくさん先生に会って元気をもらいましょう!