プロジェクト導入事例

次世代女性リーダー育成プログラム

研修導入事例

女性社員ステップアップ研修

公開講座 参加者の声

女性リーダー養成講座

プロジェクト導入事例

任意の最終課題を、全70名の受講者が100%課題に取り組み、成果を出した!(大手IT系会社)

主任クラスの技術系女性社員向けのリーダー育成プログラムを導入。女性社員のみを対象にしたことに対して疑問の声も上がったけれど・・・

社員数1,400名を超える通建会社において、管理職一歩手前の技術系女性社員向け「次世代女性リーダー育成プログラム」を5ヶ月間実施しました。「女性だけでなく男性にも参加するような取り組みが必要なのでは?」という女性社員からの意見もありつつ、男性管理職比率が9割を超える職場では女性管理職になるという意欲が湧きづらい雰囲気を何とかしたい、という課題感がありました。そこで、女性管理職に対する良いイメージを持ってもらうための取り組みとして立ち上げたのが本プログラムです。

導入の目的
  • 企業が求めるリーダー像を知り、リーダーに求められる具体的な行動について理解を促す
  • 次世代リーダーとしてのスキルアップおよびマインドの醸成を図る
  • 大企業の女性SE管理職を経験した講師から、リアルな経験談と共に管理職の役割とやりがいについてレクチャーを受けることで、管理職に対する良いイメージを持ってもらう
導入のポイント
  • 技術系の女性管理職経験者で、自社の女性社員が置かれた環境をよく理解し共感できる講師だった
  • 男性が多い職場で女性が自分らしくリーダーシップを発揮する具体的なスキルを教えてもらえる
  • 受講者全員の課題添削や個別相談など、きめ細やかなフォローアップ
導入内容
導入による成果
  • リーダーシップには人それぞれの個性を生かした多様なスタイルがあるという認識が芽生えた
  • 女性が管理職として求められていることを理解し、チャレンジする意欲が持てるようになった
  • ワーキンググループの活動を通して女性社員同士の横のつながりができ、研修で学んだコンセプチュアルスキルの実践・強化の場として継続的な活動に発展した

経営層・マネジメント層・次世代リーダー層が全員参加したことで、部署間の協力体制を築くことができ、組織の統制がとれるようになった(狭山ケーブルテレビ株式会社様)

一人ひとりの能力は高いけれど、チームとして成果を出しきれていない現状から一歩前進するために〜キーパーソンの認識を合わせる「リーダー養成プロジェクト」を導入

狭山ケーブルテレビ株式会社様(本社:埼玉県狭山市)において、社長含めた管理職およびリーダー層10名でプロジェクト「リーダー養成講座(6ヶ月間)」を実施しました。本プロジェクト導入を実現した総合企画部総務課の村田里依さんは「社員ひとりひとりの能力や技術は高いものの、部署間の協働関係や、個人の力を融合しチーム力を高め成果を出すという点では課題があるのではないか」として、この状況を打開する方法を得るために、公開講座「女性リーダー養成講座」へ参加しましたが、自分ひとりの力では全社的な意識醸成および早期の会社成長につなげることは難しいと判断し、周囲に説明を重ね、社長含めた組織改革プロジェクト「リーダー養成講座」として実施することになりました。

▶︎狭山ケーブルテレビ株式会社で実施したプロジェクトメンバー5名によるインタビュー動画。導入の目的・導入のポイントなどはこちらの動画をぜひご覧いただければと思います。
導入による成果

  • プロジェクト期間中に女性管理職を1名昇格することができた(豊泉様・総合企画部部長)
  • 社員同士の信頼関係を醸成することができるプロジェクトだった(松浦様・法人営業課主任)
  • 立場に限らずリーダーシップを発揮する意義を教えてもらった(鈴木様・営業課主任)
  • 部署間の協力体制を築き、お客様クレーム5%だったところから1%未満まで抑えることができた(久下様・営業課課長代理)
  • バラバラ感のあった社内が変わった。みんなと一緒に会社をよくしていこうというモチベーションが高まって、今後が楽しみになった(村田様・総務企画部課課長)
狭山ケーブルテレビ株式会社の皆様
左から久下様、豊泉様、村田様、鈴木様、松浦様

次ページは「研修導入事例」について