研修導入事例

女性社員による自立的な業務改善プロジェクトが立ち上がって、業務効率化によるコスト削減を実現(電子機器製造販売業)

長年「営業事務=フォロー」という補助的な役割を担わせてしまった女性社員へ、新たな活躍ステージがあるというメッセージを伝えたい

創業70年以上の歴史ある技術系企業において、営業事務女性社員75名を対象に「女性社員ステップアップ研修(1日)」を実施しました。技術系会社のため、男性社員比率が高く、女性は事務員としてサブ的役割となっており、女性活躍推進の取り組みをきっかけに、全社員ひとりひとりが活躍することで更なる事業拡大を目指したいと考え、研修導入に至りました。

導入の目的
  • 会社が女性社員に対して求めているあるべき姿を理解し、女性社員一人一人の働きが会社成長に直結するという意識の醸成
  • 生産性向上に取り組むための具体的な手法やプロセスを学び、基本的なビジネススキルを向上することによって自主的な業務改善に取り組めるよう促す
導入のポイント
  • 事前セミナーを受講し、講師の考え方や経験、目指す姿が会社風土にマッチしていると判断できた
  • 研修導入前の実態調査アンケート結果に基づく、現場の課題に即した高品質なコンテンツ
  • 継続的な女性活躍推進のための的確な人材育成コンサルティング
導入内容
導入による成果
  • 会社から求められていることを理解し、自らの強みを活かして、会社の成長に貢献する意識が醸成
  • 女性の特性を強みに変えながら、最大の成果を出していくためのビジネススキルを習得し業務に活用できるようになった
  • 女性社員による自立的な業務改善プロジェクトが立ち上がり、業務効率化によるコスト削減、生産性向上を実現する制度整備が進んだ

次ページは「公開講座」について