男性管理職比率8割超の企業向けに特化したアンケート調査

女性社員数が少ない組織における女性活躍推進施策計画の一助に

男性組織で働く男女の本音の核心に迫る突っ込んだ質問項目

現場の本音を炙り出す回答選択肢で構成された無記名アンケート

調査データ分析から課題整理〜今後の施策提案まで、全て無料で実施

全国データを国や行政機関へ提供することで国家施策へつなげる


女性活躍推進2.0実態調査とは

女性活躍推進2.0実態調査は、職場での女性を含めた多様な人材の活躍に対する意識を具体的に調査するものです。調査対象は組織で働く社員とし、調査データは企業のダイバーシティ&インクルージョンの試金石としての女性活躍推進の施策や国家施策等に幅広く活用してもらうことを目的としています。

企業内の性差による偏見を、データにより明確に

本調査は、2019年に第1回調査を実施し、有効回答数1,200を超えYahoo!JAPANニュースをはじめとした各メディアに取り上げられるなど反響を呼びました。2016年に制定された「女性活躍推進法」は2019年5月にその一部を改正する法律が成立し、女性の職場での活躍推進を企業に義務付ける一連の流れの中で、企業内での女性の活躍に対する意識や本音を具体的に明らかにするツールとして活用してもらうため毎年実施しています。

女性活躍推進・ダイバーシティ推進を担う人事担当者のための施策立案無料ツール

一部改正された「女性活躍推進法」では、労働者101人以上の中小企業の一般事業主行動計画策定の義務化が決定しています(2022年4月1日施行)。新たに女性活躍推進やダイバーシティ推進に取り組む企業の人事担当者においては、より本音を引き出す質問項目が施された「女性活躍推進2.0実態調査」を活用することで、現場の本音を正しく把握し、実態に即した人材育成施策の立案・実行の実現が可能となります。なお、本調査は全て無料で実施しており、回答企業ごとのデータ分析から課題抽出、さらに今後の施策展開までを専門家がサポートします。

2020年度の調査データ公表について

「女性活躍推進2.0実態調査 2020」は、アンケートにご協力いただいている企業様ごとに回答結果を集計し、今後の女性活躍推進・ダイバーシティ推進の実施に向けた課題と対策案をご提供いたしております。すでにご参加企業様への回答集計およびご報告を終え、このたび全国データ発表を2021年1月7日に厚生労働記者会にて行いました。現在、全国データを無料公開中です。技術系企業および男性管理職比率の高い企業における人事担当者のうち、より効果的かつ効率的な女性活躍推進やダイバーシティ推進を取り組みたいと考えておられる際には、ぜひ本データをご参考にしていただければと思います。

アンケート回答協力企業様へ提出した報告書の一部。1社あたり約300ページ超のボリュームとなりました。

調査結果は日本女性の活躍推進に役立てます

当社は、今後も毎年「女性活躍推進2.0実態調査」を実施するとともに、女性社員育成に関する研修や、講演・書籍およびコラム等の執筆、ビジネス雑誌等のインタビューなどの機会を通じ、日本女性の活躍推進に貢献してまいります。

株式会社リノパートナーズ主催の定期無料セミナー情報(経営層〜人事部向け)

株式会社リノパートナーズは、男性管理職8割超といった"技術系企業”に特化したダイバーシティ推進・女性活躍推進を専門にサポートする、ダイバーシティ経営コンサルティング会社です。毎月2回、人材育成に関わる経営層〜人事部向けの無料セミナーを定期開催中。詳細&お申し込みは「日本の人事部」に掲載されている当社公式ページよりご確認いただけます。