技術系企業の女性管理職育成を軸としたダイバーシティ経営の推進支援

支援の特徴

  • 大企業のSE管理職(最終役職:部長)として10年、人材育成3年という経験を持つコンサルタントが、現場の実態に寄り添い、現状を正しく把握しながら、経営層と現場をつなぎ、形骸化しない・させない組織改革の取り組みを全面バックアップします。
  • 技術系企業に特化したダイバーシティ経営の推進支援の実績・実例多数。技術系企業ならではの課題感を解決し、事業規模ごとに応じた効率的かつ効果的な推進施策のご提案から、現場浸透に必要な組織・人ごとの特徴を踏まえた有効かつ適切なアプローチ方法まで細やかにサポートします。
  • 組織改革に必要な知識・考え方を付与しながら、現場社員が自ら組織改革に取り組むという実践型・人材育成アプローチを中心としたコンサルティング手法により、人も組織も同時に成長することを可能とし、自走する組織・自ら成長し続ける人材を創出します。

なぜ、技術系企業に特化しているのか

今、全ての日本企業に求められているのが、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)ではないでしょうか。その背景には、少子高齢化・労働力人口の減少・変化が激しく先が読みにくい時代等があり、これまでにない付加価値を絶えず創造していくことが求められています。

特に、技術革新はすべての業種に欠かせないことから、技術系企業にD&Iをもたらすことは、日本社会成長の要であると考えます。

しかし、技術系企業の多くが男性管理職比率8割超といった職場環境であり、男性視点で組織運営されているため、マイノリティの視点が増えづらい、環境変化につながりづらい、といった実態を抱えています。

女性管理職育成のアプローチが、ダイバーシティ推進の突破口となる

女性は技術系企業という環境下では最大多数のマイノリティであり、男性中心の仕組みの中では、思うように力を発揮しづらいという状況に悩んだり、もどかしさを感じていることが少なくありません。

そういった当事者意識を持っているマイノリティの方が中心となり、新しいスタイルで自分の強みを発揮して成果を出す姿を見せていくことは、周囲に良い影響を及ぼして変化するきっかけをもたらしてくれます。

「全ての人が安心して成長できる社会」を目指して

当社では、技術系企業のマイノリティの視点を組織運営に融合させるアプローチから、これまで以上の企業成長をもたらす施策「しなやか組織改革プロジェクト」を通して、述べ2,000人超の人材育成に携わり、豊富な経験と実績を積み重ねてきました。

これからも、技術系企業に特化したダイバーシティ経営の推進支援を通して、日本社会全体のD&Iを実現に貢献し、当社が目指す「すべての人が安心して成長できる社会創り」に取り組んでまいります。

技術系企業のD&I推進を実現する「3本柱」

❶組織風土の醸成

生産性の高い働き方
・多様性の相互理解と歓迎

❷女性管理職の育成

・女性社員の意識改革
・女性社員のマネジメントスキル醸成

❸人事制度改革

・多様な人材の活躍を実現する、実態に即した制度整備と運用

3本柱が一貫性を持って同時進行していることが重要

「3本柱」を同時進行させる具体策

しなやか組織改革プロジェクト
「❶組織風土の醸成」「❸人事制度改革」の2つのプロジェクトを同時並行で走らせながら、組織のダイバーシティ&インクルージョンと形骸化しない制度整備と運用を実現する施策。
しなやか組織改革プロジェクトの詳細はこちら
しなやかリーダー塾™
「❷女性管理職の育成」を通して、技術系職場に多様性をもたらし、チームを活性化させて会社成長をもたらすような、強くて折れない“しなやかさ”を持った女性リーダーを育成する施策。
しなやかリーダー塾™の詳細はこちら

技術系企業に特化したD&I推進支援に関するサービスお問い合わせ

IT・通信・建設など男性管理職比率8割超といった技術系企業のダイバーシティ&インクルージョン推進支援の取り組み事例・実績資料のご案内や、自社の課題整理のサポート面談(無料)ご希望の際は、専用フォームからお問い合わせください。