【受講者インタビュー(後半)】「迷った時、悩んだ時に、私には強い味方がいる」

今回は、弊社の管理職研修である「しなやかリーダー塾」を受講された後、管理職に昇格した女性マネージャーのインタビュー(後半)をお届けします。

株式会社エクスウィルパートナーズの代表五十嵐様(右)とインタビューに答えてくれた同社女性管理職の谷山さん(左)。

インタビュー(前半)はこちら

社長から信頼されている実感

今は採用面接も全て社長から一任されています。社長から任せてもらえるようになった、という感覚が受講前と一番違うところです。

社長からの見られ方の変化はもちろんですが、自分自身も、社長への伝え方、見せ方まで細木さんから指導を仰ぎながら変えてきました。

そこを社長が評価してくれていると思うと本当にありがたいと思います。

小さな会社ですが、こうやって社長を支えて会社を支えて大きくなる会社だと思うと毎日楽しいです。

個別相談がもたらす成果

細木さんからは、受講を決めた当初から気軽に相談してと言われていたので、第1講から相談しまくりました。

講座でわからないことがあったら、そのままにしないと心に決めて受講していたので知らない単語を聞いたり、見方・考え方を咀嚼するためにもう一度教えてもらったりと昼夜問わず、電話やメッセンジャーもフル活用して個別相談をさせてもらいました。

その結果、これまで取り組んできた経営計画や売上分析などが、作業レベルだったことに気づきました。

管理職として分析するということがどういうことなのか、少しずつ理解できてきて、仕事として数字を扱えるようになったと実感しています。

細木さんと話をする内容は、組織の課題やスタッフ同士がスムーズに仕事ができるようになるための関わり方など、あらゆることを相談していました。

迷った時、悩んだ時に、私には強い味方がいる、パワーパートナーであるメンターがいるというのは本当に心強く、有難いものだと思っています。

同期メンバーとの連携から生まれた仕組み

同期の方は、私のようにこれから管理職を目指す人やすでに管理職として経験豊富な方まで、年齢層も含めて幅があり、その存在がとても勉強になりました。

実際にコミュニケーションをとりながら、他社メソッドを共有してもらったのですが、その方法を弊社に取り入れて、連携をとることができ貴重な経験をさせてもらいました。

立場や経験が違うのですが、悩んでいることは一緒なんだなと思う場面も多かったです。

互いにアドバイスするその質も高くて、数日経ってからジワジワと気づきがあったりと、振り返っても1つ1つ、一言一言が私の財産になりました。

1クールで完結するメリット

この講座は3ヶ月間ですが、この1クールで管理職としてのスキルやマインドはもちろん、抱えている課題や悩みも含めて、全てクリアできるようになっているところが素晴らしいと心から思っています。

私は20代の頃から様々なセミナー・研修に参加していますが、私の経験上、
「次のステップは、別の講座で」
という、1つ受けただけでは終わらないタイプのものがほとんどでした。

完結版に出会ったのはこの講座が初めてです。

大変忙しい会社ですし、管理職としての立場からも時間が取れない中で受講して、1クールの中で完結できるのは時間管理しやすくてありがたかったです。現在は、さらに幹部社員として期待されているので、エグゼクティブマネージャー養成プログラムを受講させてもらっています。

これも、社長が私の変化に対して高く評価をしてもらい細木さんのメソッドなら個別コンサルを受けながらさらなる成長を期待して応援してくれているんだと思って嬉しいです。