人事ポータル「日本の人事部」の専門家コラムに記事【技術系企業のD&I推進が他とは違う考え方やコツが必要な理由】が掲載されました

技術系企業のD&I推進が他とは違う考え方やコツが必要な理由
画像は日本の人事部より拝借しました

人事ポータルサイト「日本の人事部」にて株式会社リノパートナーズ 代表取締役 細木聡子のコラムが掲載されました。

技術系企業の特徴を踏まえたダイバーシティ推進には、なぜ組織改革や仕事の進め方・取り組み方を含めた施策が必要か、また技術系職場によくあるアンコンシャスバイアスについてコラムで紹介しています。

技術系企業の業務の特性から長時間労働や夜間作業にもなりがちで、そこにダイバーシティ推進・女性活躍推進の取り組みをしようとすると、壁にぶち当たってしまうことも少なくありません。また、ダイバーシティ推進の取り組みの目的が「多様性を受容し互いの力を引き出し合うことで、これまで以上の企業成長をもたらす」であることを考えると、組織風土全体を変えていく必要性はどうしてもでてくるのではないかと細木は綴っています。

特に、男性管理職比率8割超といった技術系企業においてダイバーシティ推進に取り組んでいるご担当者の方に、本コラムをご参考にしていただければ幸いです。

3つのこのコラムで紹介している3つのポイント

  • 技術系企業でD&I推進を行う上で重要なこと
  • D&I推進の真の目的は何か?
  • 技術系職場によくあるアンコンシャスバイアス
技術系企業のD&I推進が他とは違う考え方やコツが必要な理由