人事ポータル「日本の人事部」の専門家コラムに記事【組織にイノベーションを起こす土壌があるか~「見えない不公平」を打開する】が掲載されました

画像は日本の人事部より拝借しました

人事ポータルサイト「日本の人事部」にて株式会社リノパートナーズ 代表取締役 細木聡子のコラムが掲載されました。

一般企業とは違う考え方・発想法でD&I推進・女性活躍推進を考える必要があるのが技術系企業であると細木は自身の経験からも痛感しているとコラムで綴っています。

技術系企業ならではの実態や課題感を踏まえ、自社の現状を正しく捉えた上で、D&I推進や女性活躍推進を阻む真の原因を突き止めて、もっとも影響力のある部分から解決施策を実行していくことが最も効率的・かつ効果的で、形骸化しない組織改革へとつながり、最終目的である「これまで以上の会社成長」をもたらすと、事例を交えながらその考え方について紹介しています。特に、男性管理職比率8割超といった技術系企業においてダイバーシティ推進・女性活躍推進を担当している方のご参考になれば幸いです。

3つのこのコラムで紹介している3つのポイント

  1. 技術系職場に新たな管理職像を周囲に見せて、「見えない不公平」を打開する人材とは
  2. 社員に経営視点を持ってもらうことの重要性
  3. 組織にイノベーションを起こす土壌があるかどうかを見極める