人事ポータル「日本の人事部」の専門家コラムに記事【マイノリティの立場でリーダーの役割を担う社員のためにできる事】が掲載されました

画像は日本の人事部より拝借しました

人事ポータルサイト「日本の人事部」にて株式会社リノパートナーズ 代表取締役 細木聡子のコラムが掲載されました。

「しなやか組織改革プロジェクト」で関わっている複数の企業の女性管理職から立て続けに相談を寄せられていることから、細木は本コラムを綴っています。

特に技術系企業といった男性管理職比率8割超といった環境下で、女性というマイノリティの立場でありながら、リーダーの役割を担っている女性管理職の相談しづらい状況に陥る理由や、その状況を自分なりに打開していくための考え方や発想法について、細木自身の経験からもわかりやすくお伝えしています。

今悩みを抱えているマイノリティの立場でリーダーの役割を担っている方や、マイノリティの立場の人たちの能力開発の施策検討をしている人材育成に関わる方々のご参考になれば幸いです。

3つのこのコラムで紹介している3つのポイント

  1. 誰にも相談できない!マイノリティの立場でリーダー的役割を担う女性管理職の悩み
  2. 状況を十分に踏まえた多様な視点からのアドバイスが狭くなっていた視野を広げて俯瞰できるようになる
  3. マイノリティの育成は「能力開発×モチベーション維持・アップ」を同時並行で!